症状に合った治療法

dentist

歯列矯正の今後の展開

現代の歯列矯正は全国にあるほとんどの歯科医院で治療を受けることができます。矯正器具や装置も増え、患者の症状や生活スタイルに合わせたものを選択できるようになりました。 近年では、「デーモンシステム」と呼ばれる今までには無い治療法が誕生しました。従来の矯正器具はワイヤーの力が強く、食事中などに痛みが生じる場合もありました。しかし、「デーモンシステム」は矯正装置による痛みが少なく、摩擦抵抗が極限まで抑えられていることから治療期間が短縮できるとも言われています。 このように、歯列矯正の発展は矯正装置の進化に深く結びついていることがわかります。これからの矯正器具はより安全で、より生活に馴染むものとなるのかもしれません。

矯正器具の特性を知る

歯列矯正を受ける場合、ぜひ知っておいてほしいのが各矯正器具の特性についてです。歯列矯正にはさまざまな器具や装置があり、それぞれ長所も異なります。各器具の長所を把握しておくことは、自分に合った適切な器具を選ぶことに繋がると考えています。 例えば、透明タイプのブラケットは周囲の人に気づかれにくくしたり、金属タイプのブラケットは強度を上げることに繋がります。また、インビザラインと呼ばれる矯正用マウスピースは着脱可能であり、食事中や歯磨きの際には外すことが可能となります。これにより口腔内の不快感を無くし、快適に治療を行うことができるのです。 もちろん、詳しい器具の説明については歯科医師から直接受けることになると思います。しかし、事前に把握しておくことで治療をよりスムーズに、より自分に合った器具を選べるものと考えています。