dentist

噛む力

親身なカウンセリングで対応してくれる矯正歯科を神戸で見つけるならこちら。あっという間に歯並びを揃えて行くことが出来ます。

色々とある入れ歯の種類

虫歯や事故などで歯を失った場合の治療として、部分入れ歯は重宝されています。部分入れ歯を入れることで、歯の噛み合せが良くなり、バランスよく食事を楽しめます。 実は、部分入れ歯には昨今、たくさんの種類が登場しています。まずは、保険の部分入れ歯です。これは、金属のフックとプラスチックの歯で作られているものです。高齢で噛む力が弱くなっている人にお勧めです。 その他にも、金属部分をプラスチックで作った「スマイルデンチャー」という入れ歯もあります。これは、他人から入れ歯をしていると気づかれないという利点があります。 さらに、昨今では、金属床の部分入れ歯があります。これは、ピンク部分と歯にかけるフックを一体化し、強度を増した入れ歯です。この入れ歯は、歯にしっかりフックがかかる為に食事の特に入れ歯が外れる恐れがないです。

入れ歯をする時の注意点

部分入れ歯というのは、基本的に夜間に寝ている時も嵌めなければいけません。その理由は、寝ている間に残っている歯に負担をかけないようにするためです。もしも部分入れ歯を外して寝てしまうと、知らぬうちに歯に負担をかけてしまいます。それで、その歯の寿命が縮んでしまいます。その他にも、部分入れ歯を外すと、顔の片方が歪んでしまうことが考えられます。なので、きちんと装着する必要があります。 部分入れ歯を装着して寝るためには、きちんと自分の口の中を歯ブラシで磨く必要があります。それと同時に、部分入れ歯専用の清掃剤で入れ歯も清掃を行います。きちんと入れ歯と口の中の虫歯菌を除去しておけば、虫歯のトラブルになることがありません。